古典名文暗唱検定

練習問題5-6級

2019-09-22

受検番号:000000

ゲスト さん

蜘蛛の糸  芥川龍之介

ある日のことでございます。おしゃか様ははす池のふちを、ぶらぶらお歩きになっていらっしゃいました。

①に入る言葉を選びなさい。
②に入る言葉を選びなさい。

枕草子  清少納言

春はあけぼの。やうやうなりゆく、山ぎは少しあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。夏は夜。はさらなり、やみもなほ、蛍の多く飛びちがひたる。

①に入る言葉を選びなさい。
②に入る言葉を選びなさい。

慣用句

の威を借るきつね
能あるたかはをかくす

①に入る言葉を選びなさい。
②に入る言葉を選びなさい。

ごんぎつね  新美南吉

「ごん、おまえだったのか、いつも、をくれたのは。」ごんは、ぐったりと目をつぶったまま、うなずきました。
兵十は、火なわじゅうを取り落としました。青いけむりが、まだ、つつ口から細く出ていました。

①に入る言葉を選びなさい。
②に入る言葉を選びなさい。

吾輩は猫である  夏目漱石

吾輩は猫である。名前はまだない。どこで生まれたか見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていたことだけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪なであったそうだ。

①に入る言葉を選びなさい。
②に入る言葉を選びなさい。

ことわざ

鳥 跡をにごさず
後足でかける

①に入る言葉を選びなさい。
②に入る言葉を選びなさい。

論語

子曰く、「己の欲せざる所は、人にこと勿かれ。」と。
子曰く、「過ちて改めざる、是を過ちと謂ふ。」と。
子曰く、「学びて則ち罔し。思ひて学ばざれば則ち殆し。」と。

①に入る言葉を選びなさい。
②に入る言葉を選びなさい。

俳句

松尾芭蕉
 荒海や 佐渡に天の川
小林一茶
 雀の子 そこのけそこのけ お馬が

①に入る言葉を選びなさい。
②に入る言葉を選びなさい。

平家物語

祇園精舎の、諸行無常のひびきあり。娑羅双樹の花の色、盛者必衰のことわりをあらはす。おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。もつひには滅びぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。

①に入る言葉を選びなさい。
②に入る言葉を選びなさい。

雨ニモマケズ  宮沢賢治

雨ニモマケズ 
マケズ 
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナヲモチ
慾ハナク 
決シテ嗔ラズ
イツモシズカニワラツテヰル

①に入る言葉を選びなさい。
②に入る言葉を選びなさい。